オーストラリア留学ならTAKEOFF Gold Coast オーダーメイドプラン&日本人医師のサポート/私立各校&Queensland州立(EQI)小・中・高校公式エージェント

スタッフブログ

短期留学・体験談① 

  • 2023/01/24
  • Hitomi MATSUNO
  • 短期留学プログラム

皆さんこんにちわ

TAKEOFF Gold Coast スタッフHitomiです

2023年春休みプログラムの準備も着々と進んでいますが、2月1日には夏休みプログラムの募集も開始されます。事前予約のお問い合わせも多数いただいております。

 

団体プログラムの最大の魅力といえば、お子様単身での留学に、往復スタッフの引率が付き

初めての留学に送り出す親御様には、道中また現地でのご様子も随時お写真と共にお届けいたしますので

安心してお任せして頂けるプランとなっています。

 

団体プランと言うと少し堅苦しいかもしれませんが、

『グループで行く留学プログラム』といった雰囲気です。

同じ目的、目標を持った者同士が集まると、初めましての瞬間はぎこちなくとも、プログラム終了後には

別れを惜しむ仲になっている姿を数多く見て来ました。

 

帰国後もその関係は続き、日本で再会してお互いの近況を報告しあったりする皆様を見て

単なる旅行、留学ではなく、Gold Coastから始まったそれぞれのJournyの続きを見守らせて頂く事こそが弊社スタッフの喜びであり

毎年2回の団体プログラムを開催する意義を強く感じさせて頂いています。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、今回は『留学生の体験談〜それぞれのJourny〜』をシリーズ化しお届けしたいと思います。

『第一回目は、愛知県から参加してくれたHさん』

初めてゴールドコーストに留学に来てくれたのは、彼女が中学1年生の夏休み

2019年夏休み団体プログラムでした。

ずっと行ってみたかった留学に挑戦!TAKEOFFの存在を知ってすぐにお申し込み頂きましたので

彼女の留学までの準備期間は1ヶ月未満。

『とにかく行ってみよう!』そのお手伝いをさせて頂きました。

 

彼女の留学で何より一番印象に残っているのは、ホストファミリーとの別れ、ホストスクールの仲間との別れの場面です。

ホストファミリーはおじいちゃん、おばあちゃんの二人暮らしのお宅にステイ。

何から何まで手作りのご飯を提供してくださり、Rossおじいちゃんの手料理が美味しすぎて

帰国後も、『RossとCarolのお家にもう一度ステイしたい』と話してくれました。

大自然に囲まれた、オールドスタイルの大きな邸宅にステイ(ホテルではありません)

通学最終日、最後のハグを皆で(Hちゃん、どこにいるか、もはや。。。)

ポロポロ溢れる涙に私も貰い泣き。

現地の生徒たちと繋げたピースサインは、日本とオーストラリアを繋いでいる青い空に

とっても映えていました。

 

そして

このプログラムから3年後の2022年、国境再開と共に開催した2022年春休みプログラムに

高校1年生になったHさんが戻って来てくれました。

この時、Hさん含めリピート参加の生徒さんが3名もいらっしゃった事、本当に感謝しかありません。

(二人は3年振りの再会!隣のAさんは大阪からの参加。

団体プログラムの最初の出発地である中部国際空港セントレア、JALカウンター前に集合します)

こちらも3年振りの再会、大阪から一人で成田までのフライトを経て、

成田空港の国内線、荷物受け取りベルトの前で合流したHちゃん

(大阪→成田の到着時間と、名古屋→成田の到着時間が10分程の差でしたので、荷物が流れてくるのを待っているタイミングで合流できました)

彼女は3年前は小学生でしたが、中学生になってグッと大人っぽくなっていてびっくり!

 

さて、実は年齢もバラバラの3人は、現地に到着した後は、各自のクラスに入り授業を受けました。

Hさん、2人のバディとはとっても気が合った様で

最終日の授業にお邪魔した時にはさらに距離を縮めて。

語学の習得だけでない、現地のクラスや生活、文化に溶け込もうとする体験は

現地でしか得ることが出来ない留学の醍醐味です。こんなリラックスして

ナチュラルな姿のHさん、2週間の滞在中もとにかく学ぼうという意識が高かったのを覚えています。

帰国後のいまでもクラスメイトとは時々コンタクトをとっているそうですが

”もっともっと現地の人たちと英語で話をしておけば良かった、帰国後は以前よりも積極的に英語でコミュニケーションをとる様になった!” とその後の自身の変化を話してくれました。

 

日本とオーストラリアの学校の違いを聞いたところ

”オーストラリアの教室は屋外に面していて、教室を出れば外なので開放感があるところや、モーニングティの時間(ランチ前のスナックタイム)やランチは外のベンチで食べることが出来、自由でのびのびしていて過ごしやすかった”

そんなオーストラリアの環境・雰囲気が、こんなナチュラルな彼女を引き出したのかな!

 

今回のステイ先は、前回滞在したご夫婦の娘さんのお宅でしたが

”ホストファミリーはすっごく優しくて本当の家族みたいに可愛がってくれたのが1番の思い出。

ビーチやショッピングに一緒に行ったのも良い思い出です、今思えばもっとホストシスター、ブラザーともっと遊べば良かったかな”

お別れの朝

ホストマザーもHさんの涙を拭ってくれていました。

(またしても私は貰い泣き。。。)

 

最後に

Hさんからこれから留学をしようとしている方へ

”短期留学はあっという間に終わります、貴重な経験なのでとにかく現地の人と英語を話し、現地の雰囲気に全力で浸って下さい!楽しんで!”

こんなメッセージを頂きました。

 

これからも、Hさんの活躍を応援しています!

 

TAKEOFF Gold Coast

Hitomi

 

 

留学に関するお問い合わせ先

TAKEOFF Gold Coast
support@takeoffgoldcoast.com

もしくはこちらのお問い合わせフォームからご連絡をお願いいたします。

 

 

チャイルドケアのオープンデー

  • 2022/12/16
  • Mieko Pfitzner
  • ゴールドコーストの学校生活,ゴールドコーストの暮らし,バイリンガル子育て,長期親子留学

こんにちは。テイクオフゴールドコーストのフィッツナーです。

 

今年の7月、私の子供達が通っていた20年以上続いていたチャイルドケアが

違う会社が買収したため残念ながら閉園しました。

閉園する前の5月に、さよならパーティーが行われ、卒園者も参加していいとの事だったので、

子供達は来ず私だけ少し寄りました。

私はチャイルドケアの資格を持っているのですが、この資格を取る時の実習を

子供達が通っていたチャイルドケアで行ったので、思い入れはひとしおでした。

   (一見普通の住宅のような建物ですが、閉園前のチャイルドケアです)

 

外・内観の改装が約3か月に渡り行われ、先日一般公開のオープンデー

(見学会&オープン記念パーティー)が開催されたので見に行ってきました。

改装中の間に、最大受入れ人数の半分は予約が入っていたそうで、

これからの受入れもすぐ埋まりそうな感じがしました。

 

駐車場のエリアには

オーストラリアならではのバーベキューソーセージ

動物ファーム、シンガーのパフォーマンス、ジャンピングキャッスル、大きなシャボン玉など

入った所から既にお祭りのような雰囲気でした。

 

教室にはクラスの担当の先生がおり、質問をしたり実際にその外の遊具で遊んだりと

親子連れの方々は実際の雰囲気を味わう事が出来たようです。

外遊びの遊具エリア

各部屋に置いてある教材

2-3歳児のクラスルームの様子

 

このようなオープンデーで園内を見るのは開園の時だけですが、

入園を考慮している場合は、園内見学、実際に数時間体験入園する事も出来ます。

チャイルドケアの様子については以前のブログからご覧いただけます。

ゴールドコーストの幼稚園事情

 

フィッツナー美恵子
TAKEOFF Gold Coast

長期留学など、ぜひ無料の個別カウンセリングをお申し込みください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2022年夏の団体プログラム リポート〜ホストファミリー対面まで〜

  • 2022/10/16
  • Hitomi MATSUNO

こんにちは TAKEOFF Gold Coast 日本スタッフHitomiです

10月の満月が綺麗な日にふと、お月様は世界中の何処にいても見れるけど、南半球のオーストラリアでしか見れない南十字星(サザンクロス)の事を思い出しました。今回の団体プログラムに参加して下さった生徒さんの中にも、オーストラリアの星空に魅了され、また綺麗な星空を見にオーストラリアに行きたい!と帰国後にフィードバックを頂き嬉しくなりました。

 

さて、前回の2022年夏の団体プログラムのリポートの続きを記していこうと思います。

 

7月23日の出発便は、ゴールドコースト直行便が運行しておらず、成田→ケアンズにて入国、その後国内線に乗り換え、ケアンズ→ゴールドコーストと、いつもよりトータルの移動時間が長めでした。

ケアンズ到着予定は朝の4時35分、実際にはもう少し遅れましたが、機内食の夕飯を食べ終わったら、すぐにでも仮眠を取らないと、あっという間に朝食の時間、そして着陸体制に入ってしまいます。

 

初めて飛行機に乗る組には、飛行中にお手洗いに行きたいなと思ったら、早めに行くことをいつもお勧めしています。いつ何時、ベルト着用サインが点灯し、トイレに行けなくなるかわかりません。今まで数え切れない程 飛行機に乗りましたが、ベルトサイン着用時に『どうしてもトイレに行きたい。。。』は本当に冷や汗ものです。本当に席を立つことが出来ないからです。

マン万が一に備えて、緊急用の携帯トイレとオムツ大をこっそりバックパックに忍ばせておきましたが(笑) 皆さん、何事もなくケアンズに到着し、密かにホッとしておりました。

 

機内でC Aさんから配られるオーストラリア入国カードは、必ず全員記入しましょう!

機内に乗り込んで暫くすると配り始めるコチラの黄色いカード

書き方はまたまた別の記事で書きますが、必ず一人一枚貰って記入を済ませておきましょう

自身のパスポート情報、便名(搭乗券に記載あり)オーストラリアでの滞在先(ホストファミリーの住所)などの情報が必要になります。ボールペンも一本は忘れずにバックの中に入れておきましょう。

 

さてさて、ケアンズでの入国審査はそれ程の時間は要しませんでしたが、ランダムに選ばれて、スーツケースの中身チェックを受けた人は、税関通過までに少し時間を取られましたね。

以前は申告すれば10キロまで持ち込みOKだったお米も、2022年の初めからバイオセキュリティ上の問題で、一切の持ち込みが禁止されています。(持ち込み禁止の食べ物は容赦無くゴミ箱に捨てられます、虚偽の申告をするとペナルティを受けますので要注意)

親子留学組でお米を持参されたい方は、現地のアジアンショップでの購入が必須になります。

 

皆さん無事に入国が終わり、最終目的地ゴールドコーストまであと少し。

国内線ターミナルに歩いての移動です。初めて吸ったオーストラリアの空気、どんな風に感じたかな?

 

国内線ターミナルではお店が徐々にオープンし始め、POPなカラーのディスプレイを見ては、”可愛い〜”とはしゃぎながら

日本から豪ドルを持参していた子は豪ドルを使って初めてのショッピング(もちろん英語で!)

オーストラリアで両替をオーダーされていた子は、引率が一旦建て替えさせて頂き、軽食を楽しみました。

 

出発時間を待つ間、こんな質問をしてみました。

『ゴールドコーストに着いたら、ホストファミリーが待ってるね!ホストマザーの名前は何?』

『え〜知らない!』

『えっ!え〜知らないの〜、じゃあどうやって挨拶するの??』

『。。。。。。』

 

皆、あんなに自己紹介の練習をしていたのに、肝心なホストマザーやファーザーの名前を覚えていなくて大慌てで資料をカバンから引っ張りだして、名前を確認していました。

 

ホストファミリーは受け入れを楽しみにしてくれています。私たちも家族の名前は最初から覚えて行きましょうね!ペットの名前もお忘れなく:)

さあ、ゴールドコーストまであと2時間程のフライト!

セントレアを出発してから20時間以上経過していましたが、移動の疲れなど全く見受けられず

これから始まる自分達の冒険がどんなにエキサイティングなものになるのだろうと、何の恐れもなく今を楽しんでいる皆の後ろ姿が、とても頼もしくもありました。

『そうそう、未来を恐れず、今目の前で起きている事を思いっきり楽しめば良い!結果や結末は、全て後からついてくる!でも今を楽しむか、全力で過ごすのかは、全ては自分次第』そんな事を思いながら、機内へとタラップを上がって行きました。

 

さあ、ようやくゴールドコーストに到着!

 

国内線出口で待ち受けてくれている弊社スタッフ、ホストファミリーは

これから2週間、4週間を思いっきりチャレンジできる環境を用意して待ち受けてくれています!

 

空港はコロナ前の活気はありませんが、春休みの団体プログラムで渡豪した時より確実に活気を取り戻していました。

初めましてなのに、初めましてではない様な、とっても熱烈なハグはオーストラリアならではのご挨拶

怯む事なく身を任せましょう!

今回4週間の現地校通学+器械体操のトレーニングに挑戦するSちゃんも、憧れの体操選手のお出迎えに満面の笑み!(団体プランながら、それぞれのプラスワンを叶えるべく、現地でやってみたいこともアレンジさせ頂いております)

弊社代表の犬飼より、ホームステイに関する注意事項のミーティングを受け、ここからは各々がホストファミリーと共にこの週末を過ごし、月曜日の朝に現地の学校でまた再会となります。

 

温かく家族の一員として受け入れて下さったホストファミリーに、沢山の愛情を注いでもらう2週間〜4週間。オーストラリアに到着して、初めて人と人との温かい繋がりを感じるのが、ホームステイではないでしょうか。

 

今までとは違う環境に飛び込んだ皆んなは、ここがあなたのお部屋よと、ホストファミリーが用意して下さったベットに横たわった時、寝心地の違うベッドの上で、今まで自分でも気がつかなかった自分に出会い、深く考える時間を持つことになるのかもしれません。

 

 

親友は日本でも作れる!けど、『留学』『ホームステイ』で出会う家族や友達は、互いの国を知ろうと歩み寄り、文化、歴史、宗教、価値観など違いを語り合い、『理解し合おうとする仲間』に出会えるという事かもしれません。

もしかしたら苦しいことの方が多いかもしれない、でも日本に留まっているだけでは決して得る事が出来ない存在になると思います。

 

滞在中に困った時、迷った時、分からないことが起こった時は、ホストファミリーに頼ってみて下さい。英語が話せない?いや、ボディーランゲージという言語があります。必死で伝える事も経験でしょう。

それでも困った時は、現地にいる弊社スタッフに先ずは相談してみて下さい。

そして団体プログラムの最大の魅力である、一緒に頑張っている周りの存在が、皆んなを応援する仲間でもあります。体当たりの経験がもたらす変化の一つ一つが、皆さんを大きく変えてくれるはずでしょう。

 

 

成田からゴールドコーストまで引率し、そしてホストファミリーに無事に引き渡しを終え

素敵な夕日がみられた頃、やっとホッと胸を撫で下ろしました。

続く

TAKEOFF Gold Coast

日本在住スタッフ Hitomi

 

 

2022年夏休み団体プログラム リポート〜出発編〜

  • 2022/09/27
  • Hitomi MATSUNO
  • 短期留学プログラム

ご無沙汰しております。TAKEOFF Gold Coast 日本スタッフHitomiです

9月も終わりに近付き、朝晩も過ごしやすくなってきましたね。

2022年7月から8月にかけて『夏休み現地校団体プログラム』を無事に開催する事が出来、また、全員無事に帰国することが出来ました。

 

まさにコロナ禍真っ只中での開催でした。

渡航できると信じ準備を進め、出発の日を待っていてくれた生徒さん、またそのお子様に寄り添って共に準備をしてくださったご家族の皆様、本当にありがとうございました。

 

遠く海を渡り、言語や文化、価値を乗り越え、オーストラリアに辿り着いたのも束の間

そこで初めて出会った学校のお友達やホストファミリーとの関係を築くことの大変さを知り、異文化体験に戸惑いながら、一人では決して乗り越えられなかった場面も、

同じ時間を過ごした仲間と協力して支え合い、最後は大号泣して別れを惜しみながらプログラムを終了したのではないでしょうか。

 

7月23日に名古屋から引率をさせて頂き、8月21日に成田に到着するまで、総勢50名程の生徒さんに関わらせて頂き、沢山のドラマを拝見させて頂きました。

小学1年生から高校3年生まで、若いエネルギーに満ち溢れた4週間

写真と共に、プログラム全体を振り返ってみたいと思います。

————————————————————————————————————————————–

7月23日(土)

セントレア中部国際空港、JAL団体受付カウンター前に集合。

皆さん初めましての瞬間です。

セントレアからの出発組は、名古屋、岐阜、大阪からの皆さんです。

ご家族とのしばしのお別れも案外あっさりと?!

搭乗券もそれぞれ手にし、いざ出発です!

 

今回の団体プログラムでは、3年前の同様のプログラムに参加して頂いた生徒さんが3名再び参加して下さいました。

あの時、中学1年生だった子は高校1年生に! 小学校5年生だった子は中学2年生に!

随分と変わったかもしれないな、気が付いてくれるかなと久々の再会を楽しみにしていました。

 

名古屋からは親子留学の方が3組おりまして、一人で引率する私からしたら、大人の方が一緒!と

勝手に安心感を抱いておりました。

 

大阪から一人成田まで乗り継いできた中学生のHちゃん、セントレア→成田に到着する便と

大阪→成田に到着する便がほぼ同じ時間帯で、荷物をピックアップするターンテーブルの前で合流することが出来ました。

 

名古屋組は無事に第2ターミナルに到着し、ジェットスター国際線の出発ターミナルである

第3ターミナルへと歩いて移動しました。

ここはサウナかと感じるくらい暑い日本の7月、早く冬のゴールドコーストへ行きたい!、この暑さから逃れたい!と、スーツケースをせっせと転がしながら歩いていきました。

 

ジェットスター国際線が2年4ヶ月ぶりに再開し、オーストラリア入国に際しても事前PCR検査の陰性証明が撤廃になるなど、規制緩和が発表されたばかり

オーストラリアへの出発を待ち侘びていた留学生で、JETSTARカウンター前はごった返していました。

成田に集合された皆様は、東京近郊、遠くは九州から合流して下さいました。

 

チェックインに並ぶこと1時間、ようやく全ての方がスーツケースを預け終わり、空港までお見送りに来て頂いたご家族の皆さんと最後のお別れです。

『はい!皆んなお母さんにハグしてね〜』と言ったら

『やだ〜』と言っていた子も、ぎゅっとハグ

『次はお父さんともだよ〜』と言ったら

『もっとやだ〜』と言っていましたが

『今から本当に2週間、もしくは4週間会えないんだよ』と言うと、ハイタッチや握手をしてお別れした子も!

実は、見送る方が辛かったりしますよね。

 

小学生で単身4週間のプログラムに参加してくれたAちゃん、お母さんとなかなか離れる事が出来ず涙が出てしまいましたが、最後は自分で『もう後ろは振り向かない!』と言っていたのが印象的でした。

 

10代の早い時期に挑戦と失敗を経験できる『留学』

人と違う夏休みを過ごそうと自分で決めたこのプログラムへの参加は、無意識に

何か起きても全部自分で乗り越えてやる!と言うくらいの自信を持って進んだ結果だと思います。

さあ、ここからは、いつもそばにいたお父さん、お母さんはいません。

 

高校生の生徒さんにはチームリーダーをお願いし、小学生2人とチームを組んでもらい、ゴールドコーストまでは常に行動をしてもらう様にお願いしました。

特にオーストラリアに到着したら、小学生一人では絶対にトイレに行かない様にリマインドしました。

治安の良いオーストラリアと言えど、日本ではありません。自分の身は自分で守る意識を確認しました。

 

 

————————————————————————————————————————————-

さて、LCCのJETSTAR、出国手続きをする前からすでに40分ほどの出発遅延を知らされていましたが

搭乗口に行くと、この日は団体の学生さんだらけ。空いているソファもなく床に座って搭乗を待つ人も多く見られました。

搭乗開始に遅れはありましたが、やっとアナウンスがあり、皆続々と飛行機に乗り込んで行きました。

まだまだ遊び足りない〜とアイパッドに夢中になっていた小学生のBoys組

アイマスクをヘアバンド代わりのSちゃんは、機内では寝る準備万端かな?

 

初めての海外、初めての飛行機

海外は何度も行ったことあるけど、一人で行く海外は初めて

日本以外の学校に通うなんて初めて〜、ホームステイするの、はじめてなの、、、

いろんな初めてが聞こえて来て、皆んなのワクワクした気持ちから、私もエネルギーをもらいました。

 

JETSTAR機内食は右下の写真の様に、軽い夕飯とバナナブレッドの朝食が出てきます。

お味も悪くなかったです!

入国に際して食品の持ち込み規制が世界で一番厳しいオーストラリア

機内で出された食べ物は、たとえ食べなかったとしても機内に残してきてねと皆に伝えました。

まずはケアンズまで7時間20分

少しでも眠れますように!

続く

 

オーストラリアン英語(2)

  • 2022/08/25
  • Mieko Pfitzner
  • その他,ゴールドコーストの暮らし

こんにちは。テイクオフゴールドコーストのフィッツナーです。

ゴールドコーストは朝晩は寒いですが、日中暖かい日もあり、オーストラリアの国花のワトルやピンクトランペットなども咲き始めて、春が近づいているのを感じます。

さて、前回のブログでオーストラリアン英語(オージーイングリッシュ)について書きました。

オーストラリアン英語(1)

クイズ形式で、次回に正解を載せますと書いたので、今回はその和訳を載せたいと思います!!

  • G’day mate               ゲダイ マイト   → こんにちは
  • Good on ya mate    グッドンヤ  マイト    →     よく出来たね
  • Hi, Possum              ハイ、ポッサム    → (親しい人に)こんにちは
  • Cool Bananas          クールバナナ     →      いいね、凄い
  • This arvo      ディス アーボ                →     今日の午後
  • Ambo      アンボ       →  救急車
  • Coppers     コッパーズ     →  警察官
  • Tea       ティー        → 夕飯
  • Brekkie      ブレッキー      →     朝食
  • Barbie         バービー      → バーベキュー
  • Snag               スナッグ      → ソーセージ
  • Heaps         ヒープス      → いっぱい
  • Smoko         スモコ       → タバコ休憩
  • Fair dinkum              フェア ディンカン  → 本当に?!
  • Maccas        マカス       → マクドナルド
  • No worries                 ノーウォーリーズ  → OK,問題ないよ・大丈夫だよ

上に載せた殆どの言葉は日常よく聞きますが、その中でcool bananas, Fair dinkumはそこまで聞かない(主人は使いますが)です。カントリーサイドの人や年配の人が使うような気がします。

夕飯=dinnerだと思っていましたが、日本でいう自宅で取る夕飯はオーストラリアではteaと言います。dinnerはちょっとゴージャスな食事の時に使うようです。

20数年前、オーストラリアの友人の自宅に行った時にWould you like to have some tea?と聞かれました。家でお茶でもする?と聞かれたと思って伺った所、夕飯で驚いた事を今でも覚えています。

言葉の違いは面白いですね。また違うオージーイングリッシュも載せていきたいと思います。

 

フィッツナー美恵子
TAKEOFF Gold Coast

長期留学など、ぜひ無料の個別カウンセリングをお申し込みください。

 

 

 

オーストラリアン英語(1)

  • 2022/08/18
  • Mieko Pfitzner
  • その他,ゴールドコーストの暮らし

こんにちは。テイクオフゴールドコーストのフィッツナーです。

日本語でも各地方で方言がありますが、英語もその国その国で発音や単語などが違っています。日本の英語学習はアメリカ英語が主流なので、オーストラリア英語を聞くと何?となる事もあるかと思います。

ここでオージーイングリッシュを幾つかあげていきますね。

  • G’day mate               ゲダイ マイト
  • Good on ya mate    グッドンヤ  マイト
  • Hi, Possum              ハイ、ポッサム
  • Cool Banana            クールバナナ
  • This arvo      ディス アーボ
  • Ambo      アンボ
  • Coppers     コッパーズ
  • Tea       ティー
  • Brekkie      ブレッキー
  • Barbie         バービー
  • Snag               スナッグ
  • Heaps         ヒープス
  • Smoko         スモコ
  • Fair dinkum              フェア ディンカン
  • Maccas        マカス
  • No worries                 ノーウォーリーズ

まだまだありますが、幾つか分かりましたでしょうか?

答えは次のブログで。

 

フィッツナー美恵子
TAKEOFF Gold Coast

長期留学など、ぜひ無料の個別カウンセリングをお申し込みください。