オーストラリア留学ならTAKEOFF Gold Coast オーダーメイドプラン&日本人医師のサポート

スタッフブログ

長期留学するならホームステイ派? 学生寮派?

  • 2021/09/17
  • Hitomi MATSUNO

ご無沙汰しております、TAKEOFF Gold Coast 日本在住スタッフのHitomiです。

日本では、緊急事態宣言が9月末迄延長され、引き続き感染防止を心掛ける日々かと思います。

 

オーストラリアも未だ国境は閉鎖されたまま、ロックダウン中の州もある中で、留学再開のはっきりとした期日の見通しは不明な状況ではありますが、少しずつコロナ対策の出口戦略として、明るいニュースを聞く様になりました。

 

オーストラリア国民ワクチン接種率が80%を達成する事によって、学生ビザ、ビジネスビザを今現在保持している者の入国上限の増加を認めて行く、また、渡航者に義務づけられている14日間の隔離措置を年内にも撤廃するという案も発表されました。

 

新規で学生ビザを取得する方の入国枠は、もう少し先になるかと思いますが、ワクチン接種が進む事で先が見え始めてきました。

 

さて、長期で留学する場合、どんな形で現地に滞在するのか先ず決めて行く事になります。

親子留学ならコンドミニアム、賃貸住居、単独での滞在であれば、学生寮やホームステイ等、様々な選択肢がありますが、今回は、ホームステイを選択した場合、実際にどのような雰囲気、環境の中で生活をしていく事になるのか、今迄お客様に滞在して頂いたお家の雰囲気をご覧頂けたらと思います。

———————————————————————————————————————————-

 

TAKEOFF Gold Cosatが所在しますGold Coastは、クイーンズランドの南東に位置し、オーストラリアの中でも最大のビーチリゾートです。ビーチフロントのお家もとっても素敵な邸宅があるのですが、山側ならではの、広い敷地内にプールを保有するお宅が多くあります。

日本の住宅環境からしたら、まるでリゾートホテルに来たのか?と目を疑ってしまう程、広々とした自然あふれる素敵な環境が溢れています。

 

弊社では、ホームステイを引き受けてくださるお宅に事前訪問し、留学生のお部屋の状況や、住居の周辺環境等を確認させて頂いているのですが、貴重なご縁が繋がり、素敵なご家族に巡り会わせて頂いております。

 

青い空に真っ白なお家、ヤシの木がお家に何本も植えられていて、広々としたリビングも、いったい何処に座ったら良いのだろう?と最初は戸惑うかもしれませんね。

   

 

オーストラリアのご家庭では、朝食はこの様なカウンターテーブルで済ませ

ディナーは、ダイニングルームで取る事が一般的です。(写真後ろ)

親子留学では、家族構成に同年代の子がいると、打ち解けるも早いですね。

また、日常的に使う英語を、その家の子供から習得するのも、ホストマザーとの会話をスムーズにする一つの方法かもしれません!

裏庭にはお父さんお手製の砂場が!

裏庭の奥に見える木には、コアラが時々現れるのよ!でも、蛇や毒蜘蛛にも注意して子供を遊ばせなくてはいけないとも教えてくれました。

 

————————————————————————————————————————————

こちらは、ゴールドコースト市内からハイウェイで20分程の場所にある、木々に囲まれたオールドスタイルのお宅

留学生用に用意された一部屋は、ホストマザーが集めたアンティーク調の可愛らしい家具で揃えられていました。右奥には専用のシャワーとトイレがあります。

当時生徒さんをお連れした際に、お家の可愛さに、『可愛い〜』の連呼が止まりませんでした笑。

そんなお部屋の窓から見える牛達。ここのお宅ではヤギも飼っていて、ミルク等の餌やりも生徒さんの日課の一つとなっていました。

生徒さんをお連れすると、必ずホストマザーが話しかけてくれる言葉が

『今日からここがあなたのお家よ、何処に座っても良いし、何処で寛いでいても良いのよ、困った事があったら何でも話してね!』

さて、この一言に、貴方ならなんと返しますか?

今すぐ出てこなかったら、今のうちに英語の勉強をしておく良い準備になりますね!

こちらのお家では、雨水を浄水して生活水にしていました。雨が降らない日が続くと、お水はとっても貴重な生活資源となります。オーストラリアでホームステイすると、シャワーの時間を制限される?という質問は、ご家庭によっては、当てはまるものとなります。

年間を通じて留学する場合、ホストファミリーとお家でバーベキュー、夏はプールを楽しみ、冬はお庭で火を焚いてマシュマロを焼いて食べたりと、オーストラリアならではの過ごし方を体験する事が出来ます。

家族に溶け込み、英語で会話をする、英語力のみならず、コミュニケーション力も問われるかもしれませんね!

今回ご紹介させて頂いたのは、ほんの一例ですが、ホームステイの魅力は、語学の習得だけでなく、日本にいたら絶対に経験する事のなかった生活上の違いに気づいたり、自分の母親とは全く違った価値観を持つホストマザーとどう意見を交換していこうか等、自分の考えや価値観にも刺激を受けるのではないでしょうか。

 

最初は何かにつけて、戸惑う事も多いかもしれません。それでもご縁が巡り会わせた出会いに感謝し、共に過ごす時間は貴重なものとなり、自身のこれからの人生の糧となって行く事に違いありません。

 

 

先ずは国境が再開し、素晴らしい留学体験が出来る日々が待ち遠しいです!

留学準備に際して、日本にいる今、何をやっておくべきですか?と聞かれたら

『英語力をUPさせる!』これ、本当です。

 

それではまた、次回の記事で!

 

TAKEOFF Gold Coast

日本在住スタッフ Hitomi