オーストラリア留学ならTAKEOFF Gold Coast オーダーメイドプラン&日本人医師のサポート

代表ブログ

家族でオーストラリアへ移住した日

  • 2021/02/16
  • Tomoko INUKAI
  • 海外移住・家族移住について

皆さん、こんにちは。

バレンタインが終わり、日本では次の行事はひな祭りですね。こちらでは、バレンタインの後は、3月下旬から4月上旬のイースターに向けてお店が飾られています。イースターについてはまたご紹介したいと思います。

さて、私たちの家族移住についてはよく聞かれることでもありますし、間もなく丸5年を迎える節目ということもあり、少しずつここに書き溜めていきたいと考えている大きなテーマの一つです。家族での海外暮らしと言っても、期間の決まっている「留学」「海外赴任」に比べて「移住」は、準備から現地到着後までたくさんすべきことがあります。

今後、少しずつですがこちらでご紹介する内容がこれから海外移住を検討される方や、具体的には決まっていないけれど一つの選択肢として興味のある方の参考になればと思っています。

私たちの場合は、移住準備に約1年半ほどかけましたので、そのあたりも後日じっくりご紹介したいと思いますが、今日はまず、日本を出た日を振り返ります。

 

2016年3月28日 日本出発

スーツケース7個と段ボール箱4つ、家族5人で約200キロの荷物を抱えて中部国際空港から出発しました。まずは国内線で成田空港へ向かいそしてジェットスターの直行便でゴールドコーストです。

当時の子どもたちは、3歳・6歳・8歳。末っ子にはまだベビーカーも必要な時期で、文字通りの大移動となりました。家族や友人が空港まで見送りに来てくれていたので、実際には人手はあったのですが、ご覧の通りです。

 

渡豪は子どもたちの卒園や学年修了のタイミングで

オーストラリアの新学年は日本より3か月早く毎年1月に始まります。新学年スタートのタイミングにこだわる場合は、日本では、学年の途中(2学期修了まで)で渡豪しなければならず、どのタイミングで移住するのかは、私たち自身も非常に悩みました。また、長期留学のお客様の多くも悩まれるところです。

我が家の場合は、長女が小学校2年生、長男が年長、次男が3歳(年少前)でした。当時は、1月スタートの入学に間に合わせたいと思った一方で、長男の幼稚園卒園という節目も大切であると考え、相当悩みました。

結局私たちは、子どもたちがきちんと日本で一つの節目を迎えてからオーストラリアでの新生活をスタートさせることに決め、3人とも各学年の修了・卒園を終えて、3月末に渡豪することを選択しました。この場合、4学期制のオーストラリアでは、2学期(4月)からのスタートになります。

結論をお伝えすると、この選択でよかったです。様々な事情で転校が珍しくないオーストラリアでは、学年途中の転校生は普通のことで、まして海外からとなれば、とくにアジア圏からの転校生は4月スタートが最も多いとのこと。その通り、一切問題がなく、オーストラリアでの学校生活を2学期からスタートすることができました。

日本での学年修了や、卒園を仲間や先生方ときちんと済ませたことで、子どもたちの中でも新生活へのけじめになったと思っています。

空港へ向かう大型タクシーの荷物

空港移動はご覧の大荷物!

ゴールドコーストに住むなら一度はオーシャンビュー

新居で暮らせるようになるまでの仮住まいには、海の目の前のコンドミニアムを選びました

直行便があることや時差が少ないことは移住や親子留学の強い味方になる

ゴールドコーストまでは、成田からの直行便で約9時間。夜日本を出て朝、ゴールドコーストに到着します。または、羽田や成田からブリスベンへの直行便も出ています。

ゴールドコーストやブリスベンがあるクイーンズランド州と日本は、時差がわずか1時間しかないので、子ども連れにも移動の負担が少なく、短期の日程でも行き来しやすいことが特徴です。

また、直行便があることで、日本への行き来がしやすく、また親子留学などで母子が長期に渡って現地にいる場合も、日本からお父さんが連休などを利用して日豪間を行き来しやすくなり、家族のコミュニケーション・距離を保ちながら、長期で留学する一つの形として非常に優れた環境であると思っています。

 

新居は渡豪前に不動産屋さんと決定しておき、セットアップの間はコンドミニアムで仮住まいを

こちらでは家具付き・家具なしの賃貸を選ぶことができますが、私たちは、短期滞在ではなく家族での移住ということだったので、家具や家電はすべて好きなものを買い揃えるために家具なしの家を選びました。

そのため、到着したその日から新居で暮らすことは難しく、まずはコンドミニアムを予約しておきましたので、空港から大量の荷物とともにコンドミニアムに向かいました。

新居の選び方などの詳細は別の機会にまとめますが、この仮住まいとなった2週間は、せっかくのゴールドコースト暮らしにふさわしく、海の見える場所を選んで、Main Beachという場所のコンドミニアムに滞在しました。この時点では、まだまだ旅行者気分で、毎日はしゃいでいたことを思い出します。

 

Tomoko INUKAI
TAKEOFF Gold Coast代表

留学に関するお問い合わせはこちらから